桜の季節は出張撮影を選ぼう

桜の季節はお宮参り

春のお宮参り

3月に入ってようやく暖かくなりましたね。いよいよ春の到来。

春は桜の季節。このまま暖かい日が続けば、来週末30日(土)31日(日)は見頃ですね。

桜の季節といえばお宮参り。1月2月の寒い時期を避けて、春を待つお宮参りのお客様は非常に多いんです。

せっかくの記念日だから桜をバックに家族写真を撮りたいという気持ちはよくわかります。でも、神社でのお宮参りの記念写真を自分たちで撮影しようとしていませんか?

スマートフォンや高級一眼レフカメラがあれば、プロカメラマンのように写真が撮れると思っていませんか?

お父さんが撮るから大丈夫!と思っていませんか?

桜をバックにお宮参りの写真は、写真館やスタジオでは撮れないので、自分で撮るしかないと思っていませんか?

桜をバックにお宮参り桜の木の下でお宮参り

出張撮影はプロカメラマンを選ぼう

先日、ママ友の会に参加させて頂きました時にアンケートをとらさせて頂きました。

自分で写真を撮るという項目では、こんな意見が。

『 写真を撮ろうとすると、背後に人が入ってしまう・・・』
『桜をバックに写真を撮ろうとすると白くとんでしまう・・・』
『 杜殿の前で撮りたいけど、うまく写り込まない・・・』
『パパが抱えているカメラと三脚が、他の人の迷惑になっている・・・』
『すごく疲れた上に、朝は笑顔だった子が不機嫌に・・・』

最近はスマートフォンの性能がすごいので、自分でも撮れるんじゃないかと思ってしまう気持ちはよくわかります。とはいえ、神社でのお宮参りは慣れないことばかり。案外ストレスを抱えてしまいます。おまけに、混雑した神社では、パパやママも神経質に。カメラの前で、どんなに笑おうとしても、急に電池切れになってしまう。

お祝いの日にテンションダウンになるのは悲しいですね。

また、出張撮影という項目では、こんな意見が。

『カメラマンのマッチングサイトで出張撮影を依頼したら、プロではなくアマチュアだった』
『写真の色味が鮮やかなのは良いとは思ったけれど、結局、自分の記憶とは違うので撮り直したい』
お宮参りなのに、赤ちゃんの顔がほとんど写っていない』
『かしこまった写真が多く、写真館と変わらない』

このようなママたちの声を聞くと、プロカメラマンとしては残念に思います。

最近では、カメラマンのマッチングサイトがたくさんありアマチュアカメアマンがたくさん登録しています。高級一眼レフカメラを買えば、綺麗な写真が撮れると勘違いするぐらい今のデジタルカメラはなんでもしてくれるんですよね。

こんな環境なので、プロカメラマンを探すのは難しいのは当然です。

もし、カメラで写真が変わるなら、プロとアマチュアの差はありません。

しかし、現代のハイテクノロジーであっても、写真の善し悪しはカメラではなく、人のスキル(技術)なんです。

お宮参りは、お子さまにとっても一生に一度の時間です。
大切にしたいですよね。

そんな大事なときだからこそ、プロカメラマンの出張撮影を選ぶべきです。

パパやママは、素敵な時間が残せるように心のケアを優先して欲しいと思います。

写真はプロのカメラマンにまかせて、その日を楽しんでください。



春のキャンペーン

atFOMEの料金プランは出張撮影/東京・埼玉の交通費無料エリアであれば、出張代金・交通費・データ代金を含んだ設定になっております。追加料金は一切かかりませんのでご安心ください。


出張撮影のご案内


RSSリーダーで購読する