お宮参りの出張撮影 at 東京大神宮

お宮参りの出張撮影

お宮参りの名所。飯田橋・東京大神宮。

伊勢神宮の遙拝殿として建てられた東京大神宮
東京のお伊勢さまとして親しまれていますね。

そして、恋愛のパワースポットとしても大人気な神社が東京大神宮です。

お宮参りに出かける家族神社の前を歩く家族お宮参りの赤ちゃんの写真東京大神宮の鳥居

鳥居をくぐった先にある、神門の扉にはハートマークがいくつもあるんです。正式には、猪の目(いのめ)と呼ばれる形だそうですが、カップルには嬉しい印しです!

東京大神宮のハートの写真東京大神宮の本殿の写真

早速ですが、今回ご紹介するのはTさんファミリー。
主役の姫はシホちゃんです。

ママが赤ちゃんを抱っこしている写真
赤ちゃんの笑顔の写真

おっきい!そう、もう三ヶ月の赤ちゃんです。

抱っこするのも重く感じる時期ですが、三ヶ月の赤ちゃんだとたくさんの表情を見せてくれますね。一ヶ月の赤ちゃんだと寝ているか泣いているかのどちらかなので、こんな笑顔は撮れません。

笑顔は人を幸せな気持ちにさせてくれますね。

可愛すぎる!!!

お宮参りの家族写真
赤ちゃんの写真

パパとママの愛情がたっぷり注がれているからこそ、生まれる笑顔。

子供の笑顔は、夫婦には嬉しい印しです!

パパが赤ちゃんを抱っこしている写真お宮参りの出張撮影の写真

お宮参りは、生後一ヶ月後(男の子は31日後、女の子は32日後)に行なう行事とされていますが、生後一ヶ月の外出ですと不安も多いはず。昔の習わしに拘らず、ママや赤ちゃんの体調を優先した方がいいですね。

赤ちゃんのたくさん表情を見られると、カメラマンもますます楽しくなっちゃいます。

赤ちゃんの写真ママが赤ちゃんを抱っこしている写真お宮参りの出張撮影の写真お宮参りの写真

お宮参りは、最初の家族写真

家族のイベントは、お食い初め、お誕生日やハーフバースデイ七五三卒園式・入学式成人式とたくさんありますが、お宮参りは、最初の家族写真です。

お宮参りを楽しみにしている祖父母様も多いはず。遠方で離れて暮らしている祖父母様は尚更、感慨深いことでしょう。もちろん、パパやママだって祖父母様との写真は嬉しいですよね。

祖母が赤ちゃんを抱っこしている写真祖父母の写真お宮参りの写真

写真スタジオのお宮参りの写真は、一枚か二枚か選ぶのでどうしても赤ちゃんのシングルカットや家族三人の写真だけになってしまいます。

でも、出張撮影であれば時間内に撮影したデータを全てお渡しできるので、いろんな場面を写真として残すことができます。なので、at FOMEでは、お宮参りに参加した皆様に赤ちゃんを抱っこしてもらい記念撮影をしています。

家族写真というのは、家族の時間を残すこと。

赤ちゃんのためにも、たくさんのシーンを残してあげたいですね。

祖母が産着をかけている写真お宮参りの写真お宮参りの集合写真

出張撮影は曇り空がイイ?

出張撮影(ロケーション撮影)のデメリットといえば、天気の問題。やっぱり、心配になりますよね。

この日も、すごく天気が悪くて(実際、撮影後は雨)、Tさんファミリーは写真が撮れるかどうかとても心配していたんです。

寒いのは赤ちゃんに負担がかかるのでよくありませんが、実は、天気は晴れてなくても大丈夫なんです。というか、むしろ晴れて無い方が良いくらいです。

人物撮影の場合、柔らかい光が必要なんです。特に、赤ちゃんはメイク(ファンデーション)をしていないスキン(裸)の状態です。晴れの日の直光では綺麗に撮れないんです。いわゆるピーカンだと強い影ができてしまい、良い写真にはならないんです。

赤ちゃんの写真

また、出張撮影(ロケーション撮影)の醍醐味は撮影場所、背景の季節感や空気感だと思いますが、晴れの日は人物と背景に大きな差が出てしまうんです。

例えば、人物が綺麗に写っていると思ったら背景が白く飛んでしまったり。神社の本殿が綺麗に写っていると思ったら人物が暗かったり。

ようするに、集合写真のような引きのカットは自然光では撮れないんですよね。とはいえ、顔のアップの写真ばかりでは出張撮影(ロケーション撮影)の意味がありません。

ママが産着をかけている写真お宮参りの記念写真

だから、プロカメラマンはストロボを使うんです。人工光を使わなければ綺麗な写真は撮れないわけですが、家族の時間、空気感を大切にするなら自然の光がやっぱり良いんですよね。

結論、こういう家族写真は光がまんべんなくまわった曇り空がベストなんです。小雨でも綺麗です。

お宮参り七五三をハレの日なんて言うものですから、曇り空がベストですとはなかなか言えませんけど。でも、これがプロカメラマンの本音なのです(笑)

今回は、とっても綺麗な光でしたで暴露しちゃいます。

お宮参りの出張撮影

光の選択よって撮影ポイントのセレクトが決まりますが、天候だけでなく撮影時間(太陽の位置)によっても左右されます。

昼は、太陽が真上に位置して、被写体と近くなるので光は良くありません。夕方は太陽が横に位置して、とても遠くなるので光は柔らかく、人物撮影に適しています。

とはいえ、これはプロカメラマンの常識でしかなく、家族写真の善し悪しは光で決まるものでもありません。

写真とは、そもそも被写体に依存するものです。
プロカメラマンの手柄は、一割程度です。

良い写真が撮れたのは被写体のおかげです。Tさんファミリーのおかげです。

素敵な家族。超可愛いシホちゃん。プロカメラマンじゃなくても良い写真が撮れます!

こういう出会いに本当に感謝しています。

Tさん、ありがとうございました。

お宮参りの集合写真


Q&A よくある質問


格安出張撮影


出張撮影の感想


RSSリーダーで購読する