埼玉・大宮氷川神社での撮影許可証について

撮影許可

2020年9月9日(水)より大宮氷川神社での撮影許可証申請ページが開設されました。

大宮氷川神社では、これまでお宮参り七五三の個人写真は許可が必要ありませんでしたが、今後は撮影許可の申請が必要になります。

大変お手数なんですが、お客様の方で撮影許可の申請をお願いします。

また、2021年9月1日(水)より撮影許可証申請の内容が変わりましたのでご注意ください。

大宮氷川神社_撮影許可証_1

大宮氷川神社のホームページから申請用紙をダウンロードします。必要事項を記入の上、メール及びFAXにて申請してください。

申請後、撮影許可腕章ナンバーが発行されます。当日、ご祈祷の受付時に撮影許可腕章ナンバーを提示して、腕章を受け取ってください。また、撮影後に腕章の返却もお願いします。

昨年との違いは、先にご祈祷料を払わなければ撮影許可は下りないということです。写真撮影だけの為に神社を利用するのではなく、ご祈祷を申し込まなければならないということですね。

撮影予約は必然的にご祈祷後ということになりますが、郵送祈祷であれば領収書と一緒に撮影許可腕章が事前に送られてくるとのことですので、併せてご検討ください。

【神社やお寺でのマナーについて】
近年、神社やお寺に出張撮影をするスタイルが増えていますが、マナーが悪いカメラマンをよく見かけます。最近になって、撮影禁止になった神社が増えたのはそのためかもしれません。

撮影の許可をもらったからといって、好きなように撮影が出来るわけではありません。特に、本殿(拝殿)前で撮影を希望するお客様は多いと思いますが、数分とはいえ参拝客にとっては迷惑になります。本殿(拝殿)前や参道に拘らず、混雑状況に応じて撮影ポイントを選びますのでご了承ください。

神社やお寺はお参りするための場所です。他の参拝者の方に迷惑にならないように最低限のマナーは守らせて頂きますので、お客様のご理解をお願いします。

では、よろしくお願い致します。



Q&A よくある質問


格安出張撮影


出張撮影の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する